二酸化炭素濃度が400ppm越え

地球の大気の二酸化炭素濃度がついに400ppmを超えたようです。いくつかのニュースを拾ってみました。二酸化炭素濃度は、産業革命までは280ppmでした。国際目標では、産業革命からの温度上昇を2℃未満に抑えようとしていますが、そのためには二酸化炭素濃度を450ppm程度に抑える必要があるとされています。これまでどおり、1年に2ppmずつの増加がこれからも続けば、あと25年ほどで450ppmに到達する計算になります。そんなに遠くない未来です。

環境省の報道発表より

環境省、国立環境研究所(NIES)及び宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)を用いて二酸化炭素やメタンの観測を行っています。
「地球大気全体(全大気)」の月別二酸化炭素平均濃度について、平成28 年1 月までの暫定的な解析を行ったところ、平成27 年12 月に月別平均濃度が初めて400 ppmを超過し、400.2 ppm を記録したことがわかりました。

米国大洋大気庁(NOAA)の報道発表より

5月23日、南極の二酸化炭素濃度が400ppmを超えた。この400万年で初めてのこと。

世界気象機関(WMO)の報道発表より

オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)とオーストラリア気象局によると、タスマニア北西海岸のグリム岬で5月10日、また、南極のケーシー基地で5月14日に、二酸化炭素濃度が400ppmを超えた。

 

アキアカネの倒立ポーズ

akiakane

写真はアキアカネというトンボです。見事な倒立ポーズですね。どうしてこんな恰好をしているのでしょうか。実は、暑いからなんです!こうしていると太陽の光を受ける面積が小さくなって、体温が上がりにくくなるわけです。アキアカネは暑さに弱いので、夏は倒立ポーズをとっていることが多いみたい。

二つのモウセンゴケ

DSCF1290

今日、近くの森を歩いてきました。この可愛い花はモウセンゴケの花です。モウセンゴケは粘りのある葉で虫を捕らえる食虫植物です。下の方に白い花が数輪見えますが、なぜか一輪だけピンク色の花が上の方に飛び出していますよね。これはトウカイモウセンゴケというモウセンゴケの近縁種だそうです。花の色が違う二つの種が一緒にいられることが、生物多様性なのかなと思ったり・・

ご長寿メダカ

medaka

2008年に多治見の土岐川観察館で分けてもらったメダカから稚魚が生まれ、その後も代を重ね、家のベランダにはメダカが沢山暮らしています。その中で一番長寿なのが、2010年生まれのメダカです。つまり6冬を越して、もうすぐ6歳になります。東山動植物園のメダカ館のパネルには、飼育下では5年が最高と書いてあったので、ものすごい長寿ということになります。(ちなみに自然界では、1〜2年しか生きません)もう動きがゆっくりになってきましたが、餌もちゃんと食べますし、もっと長生きしてほしいなと思います。

動物園とムーミン

DSCF0679

トーベ・ヤンソンのムーミンシリーズに登場するキャラクターは本当は妖精ですが、どこか実在の動物がモデルになっているような気がします。先日、名古屋市の東山動植物園に行ってきたので、そうかなと思う動物を紹介します。

まず、上の写真の「コビトカバ」。ムーミンに似ていると思いませんか。世界三大珍獣の一つで、絶滅が心配されています。

次に下の写真の「ツチブタ」。私の大好きなキャラクター、スニフに似ていると思います。こちらも珍しい動物ですが、コビトカバ同様可愛いですよ。トーベ・ヤンソンは、動物園でこのような珍しい動物を見て、キャラクター設定の参考にしたんじゃないかな。

DSCF4899

名古屋に残る戦争遺跡〜堀川堤防

DSCF0555

戦争の遺跡は文化財として保存されるそうですが、やはり美しい建築物などに比べると保存する意味が軽視されるでしょうね。名古屋にも大規模な空襲があって、過去には戦争の傷跡がたくさんあったはずですが、今では数えるほどしかありません。その一つを訪れました。

昭和20年6月9日の名古屋空襲の際、熱田区の軍需工場をピンポイントで狙った攻撃で、約2,000人の死者が出ました。その攻撃はわずか8分間だったそうです。その時に傷ついた堀川の堤防が、昭和24年の堤防改修の際に切り取られて、現在も残されています。

幅2メートルほどのコンクリート壁に、まんべんなく深さ1センチぐらいの穴が残っています。人間だと絶対に逃げられないです。これを見ただけでも戦争の怖さを実感します。

DSCF0554